ワキガ対策の一つとして脇毛処理の勧め!脇毛と腋臭の関係

わきがと脇毛には深い関係があります。
あるデータによると、脇毛が濃い人ほど腋臭になりやすいと言われています。
これは、毛穴の発達の要素が関係しているとされています。

脇から出る汗にはエクリン腺とアポクリン腺があります。
エクリン腺はにおいもなくサラサラとした汗ですが、あまりに多い場合多汗症という体質に当てはまることがあります。
しかし、わきがではありません。
アポクリン腺が発達している場合、においがきつく腋臭である可能性が高いのです。

そして、この汗腺から出る汗は、毛穴から出るものです。
ということは、毛穴が発達している=毛が濃いことがいえるでしょう。
ですが、毛が濃い人でもアポクリン腺が発達していない方は、腋臭ではないケースもあります。
毛が濃い、毛穴が発達していることとワキガがイコールではないのですが、わきが体質の方がデータ的には多いということです。

脇汗は誰でも出るものです。
毛穴ケアをきちんとしたとしても、アポクリン腺が発達している以上、ニオイを消すことはできません。
そこで、ワキガ対策ですが、毛が濃い方はカミソリなどで毛穴に刺激を与えないよう、抑毛クリームや脱毛サロンなどで、肌に優しい脱毛がおすすめです。

そして、デオドラントとしては、ミョウバン水や専門家での治療、医薬部外品などの効果的なデオドラント剤などを使って、ニオイだけでも消しましょう。
ワキガ対策は以前は手術法しかなかったのですが、最近では良い薬やデオドラント製品が市販されています。

ワキガ対策のための脱毛の間違った方法は毛抜きを使うこと!

ワキガ対策に効果的なのが、脱毛です。
脇の毛は放っておくと根髪の毛見たく長くなってしまうのではなく、もそもそと狭い脇に丸く溜まってしまいます。
そして、脇は普段閉じている状態ですから、空気がこもりやすく、ニオイがきつくなってしまいます。
高温多湿によって雑菌が繁殖して、腋臭をより強烈にしてしまいます。

そこで、そのこもりやすい毛をなくしてしまうことで、ワキガ対策になるのは納得していただけるでしょう。
脇毛がなくなると、脇が乾燥しやすくなって、雑菌も繁殖しなくなり、腋臭の症状も軽くなっていきます。

脇汗のデオドラント剤も浸透しやすくなったり、脇汗パット、制汗シートでも服安くなるなど、脇環境がよくなっていきます。
制汗剤も効果的に使用できることから、軽いワキガなら全くニオイが気にならなくなります。

脇の脱毛をする時に行ってはならないのが毛抜きを使って抜くことです。
毛穴に刺激を与え、ワキガにとっては逆効果になります。
毛が抜いた時点で、細菌が入りやすいのです。
脇は敏感肌ですから、別の脱毛方法を考えましょう。

ベストな脱毛方法は、脱毛サロンなどの専門家やクリニックなどの脱毛です。
この方法が良いのは、刺激を与えたあとにアフターケアをしっかり行うことで、肌や毛穴の状態が良くなるからです。
制汗スプレーが手放せない、制汗力の強い医薬部外品をつけている方で、まだ脇毛がある方は、キレイに脱毛してみると良いかもしれません。
脱毛サロン初体験が脇毛という方はとても多いですよ。

ワキガ対策をする前に自己チェックをしてみましょう!

脇汗が多い、なんとなく臭うのが気になる方で、ワキガ対策を考える前に、わきが体質なのかをチェックしてみましょう。
チェック項目は3つです。
・服の脇の部分が黄色くなる
脇の汗腺のアポクリン腺からの汗は、黄色です。
その量が多く、脇の常在菌と混じって悪臭となっている可能性があります。

・耳垢がしっとりしている
耳の中にもアポクリン腺があり、分泌が多いことで、わきが体質であるということです。

・両親のどちらかがわきが体質である
わきがは遺伝する体質のため、両親かどちらかがわきがの場合、遺伝していることはよくあります。

脇に臭いが気になる方で、上記のどれかに当たるかを確認してみてください。
1つでもわきが体質だと言われています。

ただ、病気ではなく、アポクリン腺がより発達していることですから、デオドラント剤をうまく使って、臭いを出さないようにすることは可能です。

もともと日本人は、体臭が少ないと言われています。
遺伝するわきががラテン系、アラブ系や黒人に多いと触れています。
臭いにデリケートな日本人にとつては、わきがが病気と思っている方も少なくありません。
手術では、アポクリン腺などを切除する治療もありますが、最近のわきが用(消臭効果が高い医薬部外品)のデオドラント製品は、朝つけるとほぼ1日臭いがなくなるものもあります。

自分がわきがかどうかわからないと悩んでいる方は、チェック項目で確認をしてみて、効果的なデオドラントを考えると良いでしょう。

臭いがつんとしたら要注意!ワキガの原因と予防法

a10

夏が近づくと気になるのが体臭ですね。
日本の気候はジメジメと湿度が高いので、暑くなればどうしても汗をかきます。
今どきの日本人は女子も男子もオシャレになりましたから、ニオイにも敏感ですね。朝からシャワーで睡眠中にかいた汗を流してスッキリ。出がけにはシュッとコロンで爽やかに香りを付けて準備万端。…だったのに、ちょっと急いで歩いてるうちに出るわ出るわ、汗が止まりません。「あ~、ヤバイ。匂っちゃったらどうしよう。」なんて心配したことはありませんか?

つんとくる臭いは要注意!

ただの汗ならまだいいのですが、鼻につんとくるような特別くさい汗は禁物です。どんなにオシャレしても、カッコ良く決めても、そばに行ったらくさかった!なんてことになったら台無しですよね。
その鼻につんとくるような特別くさい汗のことを「ワキガ」と言います。普通にかいた汗が時間がたってくさくなってしまったという汗のニオイとは別物の汗のニオイです。ワキガは悲しいことに生まれつきの体質なんです。医学用語では「腋臭症」(えきしゅうしょう)と言います。ちゃんと治療法もあり、なかには手術で治す人もいます。
生理的なことなので仕方がないのですが、親しい周りの人に不快な思いをさせているのも事実です。ニオイのせいで「あの人いい人だけど、近づきたくな~い!」なんて思われてたら大問題。体臭は意外に自分では気付きにくいもの。あなたは大丈夫ですか?

原因はアポクリン腺

汗を出す汗腺は2種類あります。
ひとつは「エクリン腺」、全身のいたるところにある小さな汗腺で、発汗により主に体温調節を司っています。そこから出る汗は無色透明、99%が水分であるためほぼ無臭です。ただし発汗後時間がたてば汗に細菌が繁殖して汗のニオイが発生します。

もうひとつは「アポクリン腺」、こちらがワキガのニオイの原因である汗腺です。ワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪などの限られた部位にあります。その汗は白っぽく粘り気があり、タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸などのニオイのもとを含みます。これらの成分が細菌により分解されてワキガ独特のつんとくるニオイが発生します。
ワキガ体質の人はこの「アポクリン腺」の数が生まれつき多く、ひとつひとつの粒も大きい傾向があるので、一般の人よりニオイが強くなってしまいます。

ワキガと異なる多汗症

「ワキガ」とは別に、汗が異常に多く出る症状を「多汗症」といいます。それは「エクリン腺」の異常でおこります。体温調節時に必要以上にひたすら汗が出てしまいます。皮膚の表面が汗でびっしょり濡れてしまうほどです。
無色の匂わない汗とはいえ、服には汗ジミができるし、手の汗で書類は濡れてしまうし、外出先では体の汗を拭き取れる環境がいつもあるわけではないので、日常生活でも不便なことがあります。汗をかいている自覚があると精神的緊張により焦って、ますます汗をかいちゃうという悪循環に陥ります。それは精神的にもつらいですね。

全身から発汗する「全身性多汗症」のほか、手のみ、脇のみ、頭のみ、のように局所に限られて多くの汗が出てしまう「局所性多汗症」があります。
また、とくに病気が無く健康な人に発生する「原発性多汗症」と、何かの病気が原因で多汗になる「続発性多汗症」にも分類されています。
残念ながらそれらの根本原因はまだ解明されていませんが、症状や程度に合わせていくつかの治療法がありますので、気になる方は病院で相談されることをお勧めします。

ワキガ予防に2つのポイント

もしかして自分は「ワキガ」かも?と心配しているあなた。ちゃんと予防法があるので安心してくださいね。
予防法のポイントは大まかに2つ。くさい汗をかきにくくすることと、かいた汗をこまめに拭き取ることです。では具体的にご紹介しましょう。

くさい汗をかきにくくする7つの予防法

・腋毛は汗を吸着させてニオイを強めてしまうので適切に処理をしましょう。抜くと毛穴が雑菌の住処になることから、清潔なカミソリで剃って処理します。

・デオドラントの制汗剤を塗ります。スプレータイプよりもクリームタイプが持続性があり効果的。また微香性だと自分の汗の匂いと混ざってさらに悪臭になる危険があるので無香性タイプを。抗菌・殺菌作用があれば最適です。

・脇に冷却シートを貼り、冷やして脇の温度を低く保ちます。リンパを冷やすと全身が涼しくなる効果もあるので暑い日も快適に過ごせます。

・入浴はシャワーで済ませず湯船につかり、たっぷり汗をかいて体内の毒素を出します。また消臭効果のあるクエン酸やお酢を少量入れたお湯につかるのも効果的です。そして殺菌効果のあるソープで局所をよく洗って皮膚や毛穴に残った汚れや雑菌を落とします。

・普段から適度な運動をして代謝をあげておくと、ニオイの成分が分解されて体臭が発生しにくくなります。基礎代謝が上がればダイエットにもいいですね。

・肉食に偏らないバランスのとれた食生活を。肉に多く含まれる動物性たんぱく質や脂肪は体臭のもとになるだけでなく、体温を上げる働きがあるので汗をかきやすくしてしまいます。

・重ね着やストールなどで、気温の変化に対応できる服装に。夏場はエアコンの効いてる室内から炎天下に出ると気温差が激しいですよね。脱いだり着たりで調節してください。通気性の良い服を選ぶことも基本です。

かいた汗をこまめに拭き取る3つの予防法

・シートタイプのデオドラントの制汗剤を持ち歩き、定期的にかいた汗を拭き取ります。シートも前述の理由で無香性が望ましいです。

・衣類に貼るワキパッドを利用します。衣類についた汗にも細菌が繁殖して悪臭が発生するので、ワキパッドに汗を吸ってもらい定期的に取り換えます。衣類にニオイが移ることも無く衣類の黄ばみ対策にもなりますね。

・直貼りタイプのワキサラのパッドを利用します。大汗をかいたら剥がれやすいのでこまめに取り換えましょう。使用後は局所をよく洗ってかぶれ対策をお忘れなく。

ワキガの治療法は?

治療法は大きく分けて「保存療法」と「手術療法」の2種類があります。いくつかの治療法がありますが、副作用も考慮して自分の症状のレベルに合わせた治療法を選択してください。

保存療法

・「アルコール消毒」が有効です。市販されているエタノールなどで脇の下を拭いて常在菌を減らします。

・「塩化アルミニウム液」は皮膚の収れん効果があり汗腺を一時的に塞ぐので汗を減らすことが期待できます。

・「ボトックス注射」は、A型ボツリヌス毒素製剤を注入して汗腺を萎縮させ発汗自体を抑制します。効果は一時的なもので4~6ヶ月ほどです。

手術療法

・「剪除法」は、もっとも一般的な方法です。3~5センチほど切開し、皮膚を裏返して医師が目で確認しながらアポクリン腺を1つずつ確実に除去します。汗腺を高い効率で切除できるので再発の可能性は低いですが、大きく切開するため人によっては傷痕が目立ちます。保険適用です。

・「吸引法」は、ワキを1センチほど切開し、カニューレという管でアポクリン腺を吸いだす手術療法です。傷痕は小さいですが取り残しの可能性はあります。

・「皮下組織削除法」は、ローラーとカミソリ刃がついた専用器具を使用します。腋の上部を1.5センチほど切開し器具を挿入、アポクリン腺やエクリン腺を皮下組織ごと削り取ります。傷痕は小さく高い効果が期待できますが、回復が遅く、皮膚壊死のリスクがあります。

・「マイクロウェーブ法」は、メスを使わず電磁波によって汗腺組織を破壊することで発汗を止めます。 傷痕も残らず体への負担が少ない新しい治療法です。

いかがでしたか?
もともと体臭の少ない日本人、ワキガ体質の人は国民の1割ほどと言われています。欧米人では7割以上だそうですが、匂っていてもあまり気にしていないそうですね。制汗スプレーもそれほど売れてないとか。体臭はむしろフェロモンであるという考えなのかもしれません。なんだか大らかで、少し羨ましいですね。
でも、やはり日本ではキツイ体臭はルール違反。自分の体臭のケアはこれからの季節のエチケットですから気を付けたいですね。

ワキガ対策に新しい保湿という発想。ワキガ対策にラポマイン

s3
この製品は1点だけ他のデオドラント製品とは大きく異なる、非常に優秀な点があります
それはワキガの悪循環サイクルを徹底的に見直したことです。
それは「保湿」するということを重視することにより、生み出されました。

従来のデオドラント製品は、汗をかく、汗に雑菌が増殖する、においがする、制汗する、汗がなくなり乾燥する、本能的に乾燥を防ぐ皮脂が分泌する、皮脂と汗が混在する、ワキガ臭が増大する、というサイクルでした。
ラポマインは汗をかく、汗に雑菌が増殖する、においがする、制汗する、汗がなくなり乾燥する、(ここがポイント!)保湿する、乾燥しないので皮脂分泌をストップする、皮脂と汗が混在しない、ワキガ臭が止まる、安心長持ち一日中という新しいサイクルを生み出したのです。
この、保湿という段階が、従来のデオドラント製品にはなかった、大きな特徴です。

この保湿には天然植物エキス21種類が大きな役割を果たしています。
これはただ単純に21種類を選んだわけではなく、796種類にもわたる、非常に多くの天然植物から、選びに選び抜いた厳選した植物です。
商品開発者の並々ならぬ努力が伺えます。
この新しい発想が、2015年のモンドセレクション銀賞を受賞した要因となっています。

しかも、ラポマインの優れたところは、その後のワキの状態にまで、気配りをしているところなんです。
カモミラエキス配合で、ワキ黒ずみを抑えて、美しい脇にしていくのです。
制汗だけでなくて、ワキの見た目まで優しさが行き届いています。
また、ムレはワキガの大敵です。
腋毛の増毛を抑えるイソフラボン配合で、ワキの蒸れを防止していきます。

お値段は8560円で、3回以上申し込みしていただく、定期コースなら5700円です。
この保湿効果という新しい発想のデオドラント製品は試してみる価値はありそうです。

一本でワキと足のダブルケア。この夏はクリアネオで乗り切ろう。

これからの季節、汗をかきますね。
そんなとき、やっぱり気になるのが、脇の臭いと、足の臭いです。
脇の臭いは抑えられても、足の臭いは別の商品を用意しなければいけないのが従来の考え方です。

しかしクリアネオは、この一本で、脇の臭いと足の臭いの両方に使用可能で便利です。
この製品の思いやりは、着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤といった、お肌が鋭敏な方に厄介な成分は含まれていないことです。
24時間体制のパッチテストで、金属アレルギー、アルコールアレルギー、乾燥肌などの方の反応を試し、異常は認められなかったので、安心です。

この商品のデオドラント効果は次のように得られます。
イソプロピルメチルフェノールで、まず臭いの原因菌を殺菌し、パラフェノールスルホン酸亜鉛で雑菌の増殖の温床となる汗の分泌を抑えます。
普通の製品ならこれで終わりですが、ここからがポイントです。
さらに7種類の天然植物由来エキスで、制汗、抑臭し、万全の体制を作り出します。
加えて、効果を持続させるために、柿渋エキス成分で、抑臭効果を高めます。
この柿渋エキス侮れません。

デオドラント成分でよく使われるのが茶エキスですが、柿渋エキスは茶エキスの約25倍の威力を持っています。
でもこのクリアネオ、知名度のない商品なんじゃないか、と心配な方も安心です。
Steady,Classy,女性自身など著名な雑誌で紹介されています。

お値段は一本4980円、二本ならば、お得な8180円です。
しかし、このお値段、冒頭申し上げましたとおり、足にも使用できるので、別途足用デオドラントを購入することを考えれば、かなりお得なお値段です。
この夏のお供にクリアネオ、オススメです。

塗りやすくて、効果長持ち。ワキガ対策に薬用デオラボクリーム

s2
ワキガ治療は手術等で皮膚組織を取り除いたりすると、後遺症などのリスクが残りオススメできません。
そこで、提案したいのが、「臭いを抑える」というワキガリスクの回避です。
数あるデオドラント製品の中で、オススメしたいのがこの薬用デオラボクリームです。

オススメポイントは3つです。
1つ目のポイントはその塗りやすさです。
この種類の製品はたいてい、塗ろうとしても、伸びが悪く、白く粉残りします。
しかし、この製品は伸びがよく非常に塗りやすいのです。
しかもチューブタイプなので、中身を取り出しやすく、パッケージデザインはワキガ用とはわかりません。
シャワーなどで清潔にした後、塗ったら一日中臭いを抑えてくれたという、使用者の声もあり、使い勝手もいいのです。

2つ目のポイントはその成分の素晴らしさです。
ワキガの臭いの原因は、雑菌が汗の中に繁殖することです。
薬用デオラボクリームに含まれるサリチル酸ナトリウムは黄色ブドウ球菌,コリネバクテリウムという臭いの原因菌をなんと99.999パーセントも死滅させてくれます。
そして、ミョウバンと茶エキスという二つの食品由来成分が、制汗やデオドラント効果をさらに高めようと、補助的にサポートしてくれます。
さらに、こういったクリームは多少肌にダメージを与えがちですが、サクラ成分で、肌をいためることを防止するので、ほとんどダメージを受けずに、ケアできます。

最後の3つ目のポイントは、初回購入者限定で、全額返金保証キャンペーンを実施しているということです。
デオドラント商品は、個人によって感じ方が多様で、従来返金保証を付与するのは難しい商品といわれてきました。
しかし、皆さんに試してほしいからこそ、この保証を付与しているのです。
これなら、使用してから、継続して使用するか決定できるので、安心です。
ぜひ、この機会にお試しください。お値段は3790円(税抜)です。