私ってワキガなの!?突然臭い出した原因と対処法 > ワキガについて > 臭いがつんとしたら要注意!ワキガの原因と予防法

臭いがつんとしたら要注意!ワキガの原因と予防法

a10

夏が近づくと気になるのが体臭ですね。
日本の気候はジメジメと湿度が高いので、暑くなればどうしても汗をかきます。
今どきの日本人は女子も男子もオシャレになりましたから、ニオイにも敏感ですね。朝からシャワーで睡眠中にかいた汗を流してスッキリ。出がけにはシュッとコロンで爽やかに香りを付けて準備万端。…だったのに、ちょっと急いで歩いてるうちに出るわ出るわ、汗が止まりません。「あ~、ヤバイ。匂っちゃったらどうしよう。」なんて心配したことはありませんか?

つんとくる臭いは要注意!

ただの汗ならまだいいのですが、鼻につんとくるような特別くさい汗は禁物です。どんなにオシャレしても、カッコ良く決めても、そばに行ったらくさかった!なんてことになったら台無しですよね。
その鼻につんとくるような特別くさい汗のことを「ワキガ」と言います。普通にかいた汗が時間がたってくさくなってしまったという汗のニオイとは別物の汗のニオイです。ワキガは悲しいことに生まれつきの体質なんです。医学用語では「腋臭症」(えきしゅうしょう)と言います。ちゃんと治療法もあり、なかには手術で治す人もいます。
生理的なことなので仕方がないのですが、親しい周りの人に不快な思いをさせているのも事実です。ニオイのせいで「あの人いい人だけど、近づきたくな~い!」なんて思われてたら大問題。体臭は意外に自分では気付きにくいもの。あなたは大丈夫ですか?

原因はアポクリン腺

汗を出す汗腺は2種類あります。
ひとつは「エクリン腺」、全身のいたるところにある小さな汗腺で、発汗により主に体温調節を司っています。そこから出る汗は無色透明、99%が水分であるためほぼ無臭です。ただし発汗後時間がたてば汗に細菌が繁殖して汗のニオイが発生します。

もうひとつは「アポクリン腺」、こちらがワキガのニオイの原因である汗腺です。ワキの下や陰部、耳の中(外耳道)、肛門、乳輪などの限られた部位にあります。その汗は白っぽく粘り気があり、タンパク質や脂質、糖質、アンモニア、ピルビン酸などのニオイのもとを含みます。これらの成分が細菌により分解されてワキガ独特のつんとくるニオイが発生します。
ワキガ体質の人はこの「アポクリン腺」の数が生まれつき多く、ひとつひとつの粒も大きい傾向があるので、一般の人よりニオイが強くなってしまいます。

ワキガと異なる多汗症

「ワキガ」とは別に、汗が異常に多く出る症状を「多汗症」といいます。それは「エクリン腺」の異常でおこります。体温調節時に必要以上にひたすら汗が出てしまいます。皮膚の表面が汗でびっしょり濡れてしまうほどです。
無色の匂わない汗とはいえ、服には汗ジミができるし、手の汗で書類は濡れてしまうし、外出先では体の汗を拭き取れる環境がいつもあるわけではないので、日常生活でも不便なことがあります。汗をかいている自覚があると精神的緊張により焦って、ますます汗をかいちゃうという悪循環に陥ります。それは精神的にもつらいですね。

全身から発汗する「全身性多汗症」のほか、手のみ、脇のみ、頭のみ、のように局所に限られて多くの汗が出てしまう「局所性多汗症」があります。
また、とくに病気が無く健康な人に発生する「原発性多汗症」と、何かの病気が原因で多汗になる「続発性多汗症」にも分類されています。
残念ながらそれらの根本原因はまだ解明されていませんが、症状や程度に合わせていくつかの治療法がありますので、気になる方は病院で相談されることをお勧めします。

ワキガ予防に2つのポイント

もしかして自分は「ワキガ」かも?と心配しているあなた。ちゃんと予防法があるので安心してくださいね。
予防法のポイントは大まかに2つ。くさい汗をかきにくくすることと、かいた汗をこまめに拭き取ることです。では具体的にご紹介しましょう。

くさい汗をかきにくくする7つの予防法

・腋毛は汗を吸着させてニオイを強めてしまうので適切に処理をしましょう。抜くと毛穴が雑菌の住処になることから、清潔なカミソリで剃って処理します。

・デオドラントの制汗剤を塗ります。スプレータイプよりもクリームタイプが持続性があり効果的。また微香性だと自分の汗の匂いと混ざってさらに悪臭になる危険があるので無香性タイプを。抗菌・殺菌作用があれば最適です。

・脇に冷却シートを貼り、冷やして脇の温度を低く保ちます。リンパを冷やすと全身が涼しくなる効果もあるので暑い日も快適に過ごせます。

・入浴はシャワーで済ませず湯船につかり、たっぷり汗をかいて体内の毒素を出します。また消臭効果のあるクエン酸やお酢を少量入れたお湯につかるのも効果的です。そして殺菌効果のあるソープで局所をよく洗って皮膚や毛穴に残った汚れや雑菌を落とします。

・普段から適度な運動をして代謝をあげておくと、ニオイの成分が分解されて体臭が発生しにくくなります。基礎代謝が上がればダイエットにもいいですね。

・肉食に偏らないバランスのとれた食生活を。肉に多く含まれる動物性たんぱく質や脂肪は体臭のもとになるだけでなく、体温を上げる働きがあるので汗をかきやすくしてしまいます。

・重ね着やストールなどで、気温の変化に対応できる服装に。夏場はエアコンの効いてる室内から炎天下に出ると気温差が激しいですよね。脱いだり着たりで調節してください。通気性の良い服を選ぶことも基本です。

かいた汗をこまめに拭き取る3つの予防法

・シートタイプのデオドラントの制汗剤を持ち歩き、定期的にかいた汗を拭き取ります。シートも前述の理由で無香性が望ましいです。

・衣類に貼るワキパッドを利用します。衣類についた汗にも細菌が繁殖して悪臭が発生するので、ワキパッドに汗を吸ってもらい定期的に取り換えます。衣類にニオイが移ることも無く衣類の黄ばみ対策にもなりますね。

・直貼りタイプのワキサラのパッドを利用します。大汗をかいたら剥がれやすいのでこまめに取り換えましょう。使用後は局所をよく洗ってかぶれ対策をお忘れなく。

ワキガの治療法は?

治療法は大きく分けて「保存療法」と「手術療法」の2種類があります。いくつかの治療法がありますが、副作用も考慮して自分の症状のレベルに合わせた治療法を選択してください。

保存療法

・「アルコール消毒」が有効です。市販されているエタノールなどで脇の下を拭いて常在菌を減らします。

・「塩化アルミニウム液」は皮膚の収れん効果があり汗腺を一時的に塞ぐので汗を減らすことが期待できます。

・「ボトックス注射」は、A型ボツリヌス毒素製剤を注入して汗腺を萎縮させ発汗自体を抑制します。効果は一時的なもので4~6ヶ月ほどです。

手術療法

・「剪除法」は、もっとも一般的な方法です。3~5センチほど切開し、皮膚を裏返して医師が目で確認しながらアポクリン腺を1つずつ確実に除去します。汗腺を高い効率で切除できるので再発の可能性は低いですが、大きく切開するため人によっては傷痕が目立ちます。保険適用です。

・「吸引法」は、ワキを1センチほど切開し、カニューレという管でアポクリン腺を吸いだす手術療法です。傷痕は小さいですが取り残しの可能性はあります。

・「皮下組織削除法」は、ローラーとカミソリ刃がついた専用器具を使用します。腋の上部を1.5センチほど切開し器具を挿入、アポクリン腺やエクリン腺を皮下組織ごと削り取ります。傷痕は小さく高い効果が期待できますが、回復が遅く、皮膚壊死のリスクがあります。

・「マイクロウェーブ法」は、メスを使わず電磁波によって汗腺組織を破壊することで発汗を止めます。 傷痕も残らず体への負担が少ない新しい治療法です。

いかがでしたか?
もともと体臭の少ない日本人、ワキガ体質の人は国民の1割ほどと言われています。欧米人では7割以上だそうですが、匂っていてもあまり気にしていないそうですね。制汗スプレーもそれほど売れてないとか。体臭はむしろフェロモンであるという考えなのかもしれません。なんだか大らかで、少し羨ましいですね。
でも、やはり日本ではキツイ体臭はルール違反。自分の体臭のケアはこれからの季節のエチケットですから気を付けたいですね。